遺伝子によって人間の顔の形や目鼻の位置等の人相がある程度分る

オランダなどの研究グループが発見した五つの遺伝子によって、人間の顔の形や目鼻の位置等の人相がある程度分ることが発見され、DNA鑑定での犯人の特定に役立てられるのではないかと期待されています。

この発見はアメリカの科学雑誌に発表されたのですが、例えば事件があった現場に残されたDNAから今回発見された五つの遺伝子を周囲することができれば犯人の顔がある程度推定できる身ようになるので、似顔絵作りに役立てられるのではないかとされています。

この技術を用いれば今まで解決できなかった事件やおおよその犯人の人相が分るようになるかもしれないので、未解決事件が減少する可能性がありますね。

また医学的にも何らかの有功的な利用方法が考え出されて上記のような利用の仕方以外にも色々な役立て方が見付かるかもしれません。

生まれてくる子供の顔の形を選びだすことだって技術的にできるようになるかもしれませんが、論理的に許可されないようなことになるかもしれませんね。